スロージューサーおすすめはコレ!4台のスロージューサーを故障するまで使った私だけが知ってる真実!

 

スロージューサー性能これで解る!搾汁量を計測する

スロージューサーおすすめ

詳細はこちらから

 

ネット通販で人気の機種を同じ環境でテストをし
それぞれの特徴や性能を比較しました。
口コミの通りなのか?テスト項目は搾汁量・メンテナンス性・掃除・価格です。
使用するスロージューサーは以下人気の機種です。

  • HUROM  アドバンスド100(2018年7月製造 最新機種)
  • HUROM H-AA-RBA17(2015年製造)
  • KUVINGS  JSG-641M(2014年製造)
  • SHARP HEALSIO EJ-CP1-D(2015年製造)

 

 

知ってますか?スロージューサーは3年で故障する

 

スロージューサーは故障するもの

 

高価なスロージューサーですが故障はつきものです。

 

高価なものは故障しない!」と
物を大切にする人に多い神話ですが
スロージューサーは使い続けると必ず故障します。
ではなぜ故障するのか?

 

その原因がコレ!
パッキンの劣化によりモーター内へ果汁が混入

 

パッキンの劣化により果汁が漏れ出してしまいます。
漏れた果汁はパッキンから滲み込みモーター内部に浸透し
モーター内の金属部分を腐食させる事が大きな原因です。
これがモーター内に混入した写真です。

 

ゴムパッキンの劣化

 

私が3年間使用したスロージューサーのモーター内部の写真です。
パッキンの劣化によりジュースがモーター内に混入し最後は異音と共に動かなくなります

 

野菜ジュースってものすごく「酸」がきついです。

 

このようにパッキンはゴムなので必ず劣化します。
劣化すると写真のようにジュースがモーター内に混入するので
これがスロージューサーの故障の原因になります。

 

スロージューサーを長く使うコツは購入する
販売店のアフターサポートが重要になります。

 

つまりどこで購入するかが重要なカギとなります。

 

オススメの販売業者のメンテナンス工場を見学してきました。

費用は3000円から気軽に専門業者に依頼しましょう
スロージューサーはメンテナンス方法

 

 

高価なスロージューサーと安価なスロージューサーの違い

 

私は5万円のスロージューサーを使っていますが
Amazonなどのネット通販で安いスロージューサーを見かけます!
中には1万円台のものも・・・・

 

何も知らない人なら「スロージューサー」ならどれも同じだろう!
と安いものを選びますが
実際に使ってみると「雲泥の差」があります。

 

高いスロージューサーとネットで安く売られているスロージューサーの
一番の違いは搾汁量!
今回の検証した結果では搾汁量は倍の差が確認されています。

 

搾汁量の一番多いスロージューサーは

 

同じ量の素材で人参ジュースを作りました。各社スロージューサーを同じ環境で検証し「搾汁量」を計測します。スロージューサーを購入する上でとても重要な判断材料になるでしょう!オススメはやはりヒューロムですね。

搾汁量を検証しました

 

 

搾汁量の一番多いスロージューサーは

搾汁量が多いスロージューサーはどれか

 

 

 

 

スロージューサーを毎日使い続けるコツ!それは面倒なのは後片付け

スロージューサーを長く使うコツ。それは掃除と後片付け

 

高価なスロージューサーを買ったなら毎日使わないと損です!
ですがストレスに感じるの「後片付け」

 

これを解決したのがヒューロムの最新機種「アドバンスド100」です。
私も購入したので従来の製品との比較をレビューしたいと思います。
管理人オススメはこのヒューロムの最新機種「アドバンスド100」です。

 

アドバンスド100

おすすめはアドバンスド100

 

 

知ってますか?国産スロージューサーと海外製スロージューサーの違い

日本人ならやっぱり「国産のスロージューサー」が良いですよね。
国産ではパナソニックとシャープから発売されていますが、
海外製のスロージューサーと比較しました。

 

同じ環境でテストをした場合の性能比較です。

 

 

知ってますか?ネットで安く購入する落とし穴

 

スロージューサーは必ず故障する前提で購入を考えなければいけません!
そうするとメンテナンスはどこでやればいいのか?

 

すると必然的に信頼のあるメンテナンス工場を併設している販売代理店で
購入するのが一番良いでしょう!
数千円ケチって苦労するならあらかじめ信頼できる販売代理で購入するのが
幸せだと思います。

 

 

同じ環境でテストをした場合の性能比較です。

 

 

スロージューサーの手入れは?メンテナンス性能を検証

スロージューサーの性能比較

スロージューサーを長く使用したいと思っているなら、掃除・メンテナンスが簡単でなければいけません。冬場は水が冷たいので簡単に掃除できる機種がよいですね。掃除メンテナンス性に優れた、おすすめスロージューサーを紹介

スロージューサーのメンテナンス方法を教えます

 

スロージューサーはとても高価な商品です。
だから一度購入したら元を取るまで使いたい!そう思うわたしですが

 

スロージューサーってメンテナンスをきちんとしないと
3年前後で故障するのが現実!

 

スロージューサーの故障事例

 

ではどうすれば長くスロージューサ―を使い続ける事ができるか?

 

 

スロージューサーの手入れは?メンテナンス性能を検証

 

スロージューサーの設置場所と価格

スロージューサーの設置場所と価格

スロージューサーはモーターが大きいので筐体が大きいのが特徴です。ジュースを飲みたいタイミングですぐにスロージューサーを使える環境が重要です。値段の比較もおススメのスロージューサーをお教えします。

設置と価格

スロージューサーの設置場所と価格

私もヒューロム最新機種アドバンスド100を購入しました。

これがヒューロムの2018年最新機種 アドバンスド100です。
筐体の色はワインレッドと渋い色で管理人おススメのスロージューサーです。

 

新型スロージューサー

 

実は私、スロージューサーを愛用して今年で7年目になりました。
3日に一度のペースで自宅でコールドプレスジュースを作り健康維持を心がけていますが今までにスロージューサーの故障も経験しているし
スロージューサーの欠点や改善してほしい不満が積もっていました。

 

スロージューサーへの不満

 

2018年7月に登場したヒューロムのアドバンスド100は私のつもりに積もった不満を一気に解消してくれた機種です。

 

クビンスのスロージューサー・シャープのスロージューサー・そしてヒューロムの新型と旧型のスロージューサーを使った私だからわかるその違いをお伝えしオススメの一台をご紹介したいと思います。

 

一言でいうと掃除が笑ってしまうほどラクです。
以前は専用ブラシでゴシゴシと洗っていました。
冬場の寒い時期は洗い物が億劫になり、ついついジュースを作るのが面倒に感じますが
新型スロージューサーはこの洗いの悩みを解決してくれました。
これなら毎日でも使いたくなりオススメのスロージューサーです。

 

 

スロージューサーを所有するメリットは生酵素

私が2014年に初めてスロージューサーを購入しました。

 

クビンスのスロージューサー

 

その時期、仕事が忙しく、ちょうど年齢的に無理がきかなくなる時期で
体調を崩し入院した反省から何か体に良いことを始めたい!

 

そんな思いで高価なスロージューサーの購入に踏み切りました。
最初は家電量販店で売ってるカッターが回転するミキサーを見当しました。
調べてみると通常のミキサーはではカッターの回転により熱が発生し
食材の栄養や酵素を熱で逃してしまうことがわかり

 

食材の栄養をより多く摂取したいと思いスロージューサーを購入しました。

 

実際に使ってみると便通が良くり、なにより
不規則な生活の中でも「体に良いこと」をしていると
勝手な自己満足に達成感なるものを感じています。

 

世の中には「酵素入り」と呼ばれているサプリメントやドリンクが販売されていますが
実際には「酵素」は入っていないものが多いのが現実です。
酵素は熱に弱いので市販製品はすべて熱消毒が行われるので
酵素はほぼ入っていないと思って良いでしょう!

 

ですが自宅にジューサーがあると人参やリンゴなどの食材を買ってきて
その場でフレッシュジュースを作りその場で飲むことができる!
最新のスロージューサーをストレーナーを変更することで
食材の果肉を多くするスムージーにできたり
食材の果肉を少なく石臼でプレスするジュースにしたりと好みに合わせたジュースができます。

 

生の酵素ジュース

 

生の酵素」を飲むってやっぱりスロージューサーを所有するメリットの一つだと思います。
これは健康マニアにはたまらないオススメの商品だと思います。
これはミキサーでは実現しないことなので私がスロージューサーをオススメする最大の理由です。

 

どのメーカーがオススメか?販売店も重要です。

メンテナンス工場でスロージューサーとの付き合い方を学んだ私ですが

 

新しいスロージューサーを購入することにしました。
当時「搾汁量」が多いと評判でおすすめスロージューサーの
ヒューロム製の商品を購入しました。

 

ヒューロムを薦める理由として性能面では「搾汁量」が多い。
そしてメンテナンス面では大きな負荷がかからない!

 

これが私がオススメする理由の一つです。

 

以前使っていたクビンスは投入口が大きく野菜を細かく切ることなく
丸ごとジューサーに投入することができるのが大きな魅力でしたが
これをやると負荷がかかりシリンダー部分が割れます。

 

ですので結論として素材は細かく切る
これはどのジューサーにも共通することです。

 

それなら「搾汁量」が多いスロージューサーを選択する理由です。
もう一つは代理店経由でメンテナンスをしてくれるということ!
長く使うには絶対に定期メンテは必要です。
対応している代理店で購入をオススメします。

 

最近はAmazonなどネットで値段を比較して購入することができますが
その場合もきちんと販売代理店にメンテナンスサービスを用意しているか
必ず確認してください。

 

メーカーの保証はあくまでも初期不良だけだと思ってください。
そう簡単には壊れることはありませn。それよりもパッキンの劣化による
モーター内部への漏れを重視してください。

 

Amazonは簡単に商品を購入できますが、その先5年以上使うには
きちんとした販売代理店を選ぶことが重要になってきます。

 

ネットでの購入はランキングや口コミを参考にするのもよいですが
販売実績数(販売台数)も参考にすると良いでしょう!
やはりヒューロムの販売台数は圧倒的です。
この実績って使ってからわかると思います。重要です。

スロージューサーを使い続ける上で重要なこと

スロージューサーの魅力は分かったところで最後の決め手は値段

 

新型のスロージューサーは5万円、他ネットで探して2万円ということろが相場でしょうか?

 

最終的にはスロージューサーを購入する目的だと私は思います。

 

  • 何かしら健康なことを生活に取り入れたい!
  • 肌ツヤを維持したい。
  • 美容・健康のために購入を考えている
  • ゲルソン療法を見当している

 

こう考えている人が多いのはないでしょうか?
使い続ける上で重要なことはなにか?

 

私は「生活の中にストレスなく取り入れること!」
例えば冷蔵庫からジュースを飲むような感覚なら良いのですが
スロージューサーを設置し野菜を細かく切りジュースにする!

 

これってやっぱり面倒なことなんです。

 

当然ジューサーを使ったら掃除しないといけないし野菜も切れないといけない!
たまにだったら良いのですが、仕事で忙しかったりすると面倒に感じるものです。

 

この「面倒に思う」ことがスロージューサーを生活から遠ざける大きな原因です。

 

だから掃除メンテナンスは簡単であるのが一番だと思います。

 

それを解決するのが最新のヒュールムのスロージューサー「アドバンスド100」ですが
5万円で躊躇するもんです。

 

それならネットで安いスロージューサーをと思いますが、
安いスロージューサーを買っても使わなくなるのであればとても高い買い物になります。

 

 

私が実際に「アドバンスド100」を使った時笑ってしまうくらい掃除がラクでした。
以前はブラシでゴシゴシ擦っていたものを簡単「水洗い」だけで済むのですから。

 

そして販売代理店のメンテナンスも受けるので最低5年毎日のように使うのであれば
余裕で元が取れると思います。

 

なのでスロージューサーを選ぶ上で重要なのは
使う目的です。なんのためにスロージューサーを購入するのか?
スロージューサー選びで迷ったときは目的から用途を確認しましょう!

面倒な時は作り置きをする

私が普段の生活で取り入れている方法です。

 

生の酵素は熱に弱いのでジュースを作ったその場で飲むのが一番良いのですが
掃除片づけがどうしても面倒な時は作り置きをしてジップロックにいれて
冷凍庫で凍結します。

 

飲みたい時に水につけておけば20分くらいで解凍終了です。
丁度お風呂に入っている間に解凍が終わるので風呂上がりに
美味しいクレンズジュースが飲めるでしょう!これもオススメです。

 

ジュースを冷凍しておく

 

さらに野菜を細かくカットして大き目のタッパに事前に準備しておくのも有効です。
この準備だけしておけばスロージューサーを設置してあらかじめカットした野菜を
投入するだけなのでオススメです。

 

冷蔵庫にある余ってしまった食材も一緒にジューサーにいれて
オリジナルのレシピを作ると楽しさも増すことでしょう!

 

page top