新型スロージューサーは何が変わったのか?

後片付けが圧倒的に楽 ヒューロム新型アドバンス100を購入した理由!

私は毎日、美容や健康のため、そして家族の健康管理を目的に一日一杯のコールドプレスジュースを飲みたいと思っています。
自宅で作るコールドプレスジュースはびっくりするほど美味しいですよ。
だから親兄弟・家族に飲んでもらいたいです。

 

野菜が甘いと実感できる

 

例えば葉物野菜の小松菜をリンゴと一緒にジュースにするとホントに「甘くて美味しい」です。
しかも健康管理にも良いし「お肌のツヤ」も良くなるし
だから毎日飲みたいです。

 

でもネックなのが「掃除・後片付け」!

 

毎日スロージューサーの掃除・片づけこれが面倒に思えて億劫に感じることがあります。

 

スロージューサーの掃除・洗浄

 

「億劫に感じるとその作業から避けるようになる」こんな経験ありませんか?

 

スロージューサーは安いもので3万円、高いもので5万円する品物です。
だから10年は使わないともったいない!
逆に10年使うことを思えば5万円でも安いと私は考えています。

 

 

冬場にスロージューサーの後片付けは億劫に感じる作業です。
なぜならフィルターの網目に素材のカスが残るからです。

 

専用ブラシを使ってもやっぱり最後は手で洗い流す必要があるのです。

 

でも新型は違います。
水で流すだけで掃除は完了です。

 

ヒューロムの新型スロージューサー・アドバンスド100は
構造を見直し、フィルターの網目を無す構造に変更されました。

 

これにより、フィルターの網目に残ったカスを掃除することから解放されました。
これなら毎日でも使いたくなる生活には欠かせないアイテムになるでしょう!

 

 

 

HUROM最新スロージューサー アドバンス100の紹介

まずこの筐体すごく洗練されたデザインに代わりました。
まさに高級スロージューサーですね。

 

ヒューロム アドバンスド100

 

さらに新型のスロージューサーは葉物にも強くなりました。
理由はストレーナー(フィルター)が2種類用意されスムージーのようなドロッとした食感が好きな人とか
バナナ・アボガドなど水分があまりない食材にも対応できるようになりました。

 

スムージーストレーナー

 

これは小松菜とリンゴを2種類のストレーナー(フィルター)でジュースを作ったものです。

 

2つのストレーナーで好みのコールドプレスジュースができる

 

左が通常のストレーナーで絞ったコールドプレスジュースで
右がスムージーストレーナーで絞ったコールドプレスジュースです。

 

右の方が繊維が多く混じっているのがわかります。ドロッとした食感を味わいたい人はこのストレーナーがいいですね。

 

 

 

私が以前使っていたスロージューサー

 

 

ブドウジュースを作ってみる

ブドウのコールドプレスジュース

 

新型のアドバンスド100ですが旧型と大きく変わったポイントがあり
投入口が大きく変わりました。

 

旧型はスロージューサーに対して直角に近い角度で食材を投入していましたが
新型は斜めからも食材を投入できるようになりました。

 

新型スロージューサーは斜めに食材を投入できる

 

つまりどういうことか?

 

投入が簡単

 

ブドウなどは写真のように流し込めるのです。

 

ブドウ以外の食材でも例えば人参も細かく刻んでおけば流し込めるのですごく楽です。
食材を細かく切ることでスロージューサー本体の負担も軽減できます。

 

 

 

ブドウジュース味は?

ブドウ2房で300mlのコールドプレスジュースができました。

 

ブドウのコールドプレスジュース出来上がり

 

色は緑がかったジュースですね。
気になる味ですが、すごく濃厚です。

 

お歳暮でもらう高級フルーツジュースよりも風味があって濃厚で美味しいです。

 

スーパーで売っているブドウなのにこんな高級な味がするなんて感激です。
凍らしてアイスにしてもしっかり味が残ると思います。

 

風味があり味は濃厚

 

 

このコールドプレスジュース市販されていたらいくらなんでしょうね。
500円くらいするのかなぁ。

 

こんな贅沢が毎日家庭で味わえますよ。

 

スロージューサーおすすめ

page top